有限会社 環境リサーチ|うるま市州崎 環境計量事業所

有限会社 環境リサーチ橋梁補修・補強

  1. トップページ
  2.  > 橋梁補修・補強

業務内容 / 保有機材

橋梁調査・補修・補強設計

沖縄県における主な劣化機構と要因、指標、現象の関連と試験

劣化機構 劣化要因 劣化現象 劣化指標
中性化 二酸化炭素 二酸化炭素がセメント水和物と炭酸化反応を起こし、細孔溶液中のpHを低下させることで、鋼材の腐食が促進され、コンクリートにひび割れや剥離、鋼材の断面現象を引き起こす劣化現象 中性化深き
鋼材腐食量
塩害 塩化物イオン コンクリート中の鋼材の腐食が塩化物イオンにより促進され、コンクリートのひび割れや剥離、鋼材の断面減少を引き起こす劣化現象 塩化物イオン濃度
鋼材腐食量
アルカリ骨材反応 反応性骨材 骨材中に含まれる反応性シリカ鉱物や炭酸塩岩を有する骨材がコンクリート中のアルカリ性水溶液と反応して、コンクリートに異常膨張やひび割れを発生させる劣化現象 膨張量
(ひび割れ)

橋梁調査・補修・補強設計

現場調査

  • 現場調査

    RCレーダーによる鉄筋探査

  • 矢印
  • 現場調査

    探査後のコア採取

  • 矢印

  • 現場調査

    反発強度試験

  • 矢印
  • 現場調査

    劣化部分鉄筋腐食状況調査

弊社で保有するコンクリート調査関連の主要機材

弊社で保有する機材

自動電位差滴定装置

硬化コンクリート中に存在する塩化物は、コンクリート製造時の使用材料に含まれるものと、環境要因からもたらされるものがある。
硬化コンクリート中に塩化物が一定量以上存在すると鉄筋腐食が促進されます。
硬化コンクリート中の塩化物イオン濃度を測定するのに”電位差滴定装置”が使用されます。


弊社で保有する機材

応力頻度測定器

”既設橋梁の耐荷力照査実施要領”によれば「計算上で応力が超越する場合は応力頻度測定を行い、主桁の補強の要否を判断する」とあり、通常の橋梁は計算値より20%程度の余裕があり、補強が必要ないと判断されます。
通常の交通形態で車両を走行させながら耐荷力を判断する動的ひずみ計測器です。


弊社で保有する機材

CTS-02 ハンマー

ハンマーでコンクリートを打撃した際に発生するコンクリート表面波形と反発を分離することで、コンクリートの表面の劣化状況、圧縮強度、剥離などの有無を計測することが可能です。従来の点検方法である打音法と異なり、計測結果は、全て自動的に記録されるため客観性のある点検結果が得られます。
軽く打撃するだけで検査結果の数値が表示され、波形情報としてメモリーに記憶されます。

橋梁調査・補修・補強設計

お問い合せはこちら

ご意見・ご質問・お見積もり等を迅速・丁寧に対応いたしております。お気軽にどうぞ!

有限会社 環境リサーチへのお問い合せ

有限会社 環境リサーチ

有限会社 環境リサーチのロゴ

  • 〒904-2234
    沖縄県うるま市字州崎 12-57(MAP)
  • TEL:098-921-4235
  • FAX:098-921-4236

業務内容

橋梁調査・補修・補強設計

積載試験・調査依頼

コンクリート塩分試験等・環境測定分析

トップへ戻る